【ピンフ(平和)】麻雀の超基本役です。初心者がまず覚える役の一つです。

ピンフは出現頻度が非常に高い最も基本的な役の一つです。

たったの1翻で、しかも鳴くと成立しないので、どうせ覚えるなら役満の方がいいと思うかもしれませんが、ピンフをまずはマスターしましょう。

麻雀 ピンフとはどんな役?

麻雀中

ピンフは次の4つの条件がそろった時に成立する役です。

ピンフ

1.メンゼン(鳴いていない)
2.4つの面子の全てがシュンツ(順子)
3.雀頭が役牌ではない
4.待ちが両面待ち

次項からそれぞれ解説していきたいと思います。

麻雀 ピンフの条件

麻雀中

繰り返しになりますが、ピンフの条件は4つありますので、それぞれ説明していきます。

1.メンゼン(鳴いていない)

ピンフはメンゼンで1翻の役ですが、鳴くと成立しません。

ピンフの付かない形

たとえば、このようにチーをしている時にはピンフは成立しません。ちなみに、この手はタンヤオがつくのであがることはできます。

4つの面子の全てがシュンツ(順子)

コーツのようなコーツ(刻子)が一組でもあるとピンフは成立しません。

全てのメンツがシュンツのようなシュンツ(順子)である必要があります。

ちなみに、シュンツでない例のような形はシュンツでもコーツでもありません。

雀頭が役牌ではない

雀頭は字牌でもかまわないのですが、役牌ではないことが条件です。

ピンフ

たとえば、このような形だと、東場(トンバ)は全員にとって東が役牌となりますので、全員がピンフとしてあがることはできません。

しかし、南場(ナンバ)であれば東家(親)をのぞく3人にとって東はオタ風牌(役牌ではない)なのでピンフとしてあがることができます。

白發中は全員にとって常に役牌なのでピンフには使えません。

待ちが両面待ち

【両面待ち】

ピンフ両面待ち

この手の待ちは6萬9萬ですが、このような待ちを両面待ちといい、ピンフが成立します。

【サンメンチャン】

サンメンチャン

この手の待ちは1p4p7pですが、これも両面待ちの一つなのでピンフが成立します。

【カンチャンマチ】

2s2s5s6s7s二三四2p3p4p六八.png

この手の待ちは7萬ですが、このような待ちをカンチャンマチといってピンフは成立しません。

【タンキ待ち】

2s5s6s7s二三四2p3p4p七八九.png

この手の待ちは2sですが、このような待ちをタンキマチといってピンフは成立しません。

【ノベタン待ち】

ノベタン待ち

この手の待ちは6萬9萬ですが、ノベタン待ちといってタンキ待ちの一種です。両面待ちに似ていますがピンフは成立しません。